もうすぐ一周年

津波から、もうすぐ一周年になります。
この一年は、私にとっては、特別な一年でした。

去年の12月26日は、私の人生の中で、最も恐ろしい日になってしまった。
その日、どれだけの恐怖を味わったかは、筆舌に尽くせない。
TVでは、「数時間後に、アフターショックが来る!」等と
繰り返し警戒を続けていました。

幼子を抱えて、パニックになりかけた私を救ってくれたのは、
OJのお父さんの、国際電話でした。
津波について、全く知識のなかった私に、
家のところまでは、絶対に水は来ないから、絶対に外に出ないようにと、
お父さんは、何度もかかり難かったであろうに、電話をしてきて
くれました。本当にありがたかったです。
お父さんが心配した通り、実際、プーケットから本土に逃げようとする車で、
事故が多発するという、二次災害もあちこちで起こっていました。


大きな災害を経験したことで、プーケットの人は
津波というものを、理解し、警戒することを覚えました。
多くの犠牲の上に得たものを、決して忘れてはならないですよね。
去年のことを思うと、まだまだ気持ちがふさいでしまいます。
きちんとこのことを整理できるようになるまで、
まだまだ時間が必要だな・・・と感じています。

f0001835_16314029.jpg


写真は、パンガー県 カオラックの船です。
津波により、海から運ばれてきたものですが、内陸に約3キロぐらい
のところまで来ているようでした。
ここは今は、メモリアルとして、撤去せずに残してあるようです。
[PR]
Commented by mako-p at 2006-01-05 12:56 x
mako-pです。
さくらこさん、あけましておめでとうございます。
ちょっとご無沙汰をしていました。
今年はプーケットにいけるかどうかわかりませんが、
さくらこさんのブログは今年も引き続き楽しく拝見させて頂きますので
どうぞよろしくお願い致します。<(_ _)>

年末、スマトラ沖の地震についてのNewsが多々やっていました。
11月の訪問の際にはパトンビーチには行かなかったのですが、
「TSUNAMI」について、現地の皆さんから、「対策が怠っていたとかそういうことではなく、TSUNAMIという存在を全く知らなかった。Nobody Knowsだよ。」というお声を沢山伺いました。
テレビを拝見する限り、プーケット(パトン付近)は著しく復興しているようで、観光の方も大勢いらしてるように見受けられ、なんとなくうれしくなってしまいました。
まだまだ復興していない場所や心の問題等、TSUNAMIの跡は残っているかとは思いますが、プーケットに皆さんにはホントに頑張って欲しいです!!

私もプーケット大好きなので応援しています!!!
Commented by phuketwebmaga at 2006-01-05 18:49
mako-pさん
ありがとうございます。そうなんです。津波ってものを知らない人が大多数だったんだと思われます。なので、津波を経験した私たちは、このことを、ずっと子どもにも語り継がなくてはいけないと思います。
by phuketwebmaga | 2005-12-23 16:31 | プーケット | Comments(2)

プーケットでの生活も、もう22年目・・・。プーケットでの日常、趣味のスパ&エステ、グルメ(甘いもの大好き~)、プーケットのホテル宿泊体験、タイ人観察、テコンドーのことなどを、日々綴っています。


by phuketwebmaga