フードコートなのに。。。

そうそう、ジャンクセイロンで、フードコートデビューしました。
地下にある、「FOOD HAVEN」という名前のフードコート。
フードコートといえば、セントラルデパートや、BIG C、
ロータスなどで、日ごろお世話になっておりますが、
クーポン(カード式)を買って、好きなものをオーダーする
といったタイプのものです。

f0001835_18345146.jpg


いつものように、1人100バーツのカードを買って、
何にしようかと、各ブースを見て、愕然。

「た、高い~~~~~~!!!!!」

さすが、パトン料金。
セントラルなどにあるフードコートも、屋台値段よりは、
10-15Bぐらいは割増になっておりますが、
このパトンのフードコートときたら、屋台価格の2-3倍は
当たり前でした。炒飯が、一皿65Bだと~。
これでドリンクやデザートを買ったら、とてもじゃないけど
1人100Bじゃ足りません。
一緒に行ったOJも、プンプン怒って、
「これだったら、上のレストランと食べても一緒じゃん!」。

確かに・・・でも、結構な人が入っておりました。

f0001835_18351435.jpg

[PR]
Commented by kaonoi at 2008-01-29 14:14
ここの値段設定はかなり強気で驚きですが
それ以上に美味しくないのにも驚きです (笑)
バミーもカームーもいただけません (怒)
唯一 端っこにある北タイストールの「カオソーイ」が
大きなチキン入りで値段に見あった味だと思います

いまはハイシーズンで、タイ料理を食べ慣れない旅行者が多いから
なんとか持ちこたえているのかもしれませんが
ローシーズンになったら、業者ががらっと入れ替わるのでは・・・・と
ある意味期待しています (笑)
Commented by さくらこ at 2008-01-29 16:05 x
kaonoiさん
全くその通りです。値段に合わないですよね~。。。でも
あの強気値段でも、お客さんでいっぱいになっているところが
やっぱりパトンだなぁと思いました。
ローシーズンで、あそこで食べるのは、日本人だけかも??
欧米人はいないですからね~。
Commented by みぃこ at 2008-01-29 16:43 x
まだそこには行ったことないですが、そんな高いのですか・・行くことは今後ないかな~^^;
Commented by コロ&マロ at 2008-01-29 17:24 x
私も値段みて「高いな・・・」と思いました(汗)
ちなみにジャンクセイロンに入ってるビューティーサロンもめちゃ高いです(汗)
同じパトンでもナナイなんかに比べたら倍はしてました(>。<;;
やっぱり買い物も食事もタウンが一番ですよ・・・。
Commented by phuketwebmaga at 2008-01-29 18:38
みぃこさん
今度料金チェックに、行ってみてください。
フードコートで、このお値段・・・ちょっと納得いかないです~。

コロ&マロさん
またパトンでも、ナナイは特別で、生活臭がありますからね。
ロータスのフードコートになれていると、目だまが飛び出ます!
何でも高いパトンですが、パトンしか知らなければ
普通なのかもしれないです。私はタウンLOVEなんで。
Commented by 沙羅 at 2008-01-30 22:18 x
そうそう。高いんですよね~。なのに、3回も行きましたよ(泣)。でも、去年行ったときは、炒飯50バーツくらいだったような気が。あ、ローシーズン価格だったのかなぁ・・・。
Commented by ひつじ at 2008-01-31 10:09 x
ここ!行ってみたいと思いつつ行けなかったーと後悔していたんです!
でも、行かなくて良かったかも・・・・・ですね。
私みたいな人間は高いともわからずに食べてしまいそうだし(爆)
Commented by さくらこ at 2008-01-31 11:01 x
沙羅さん
炒飯でも、お店によって値段がまちまちで、一番安いところだったら
50Bのもありましたよ。でもやっぱり、高いですよね。
フードコートなのに、立派なレストラン価格ですよね、コレ!
ただ、やっぱり利用しやすいから、3回も行ってしまったのかな?
ある意味、罠・・・!?

ひつじさん
フードコートに行くのでしたら、タウンのロータスやBIG Cの
ほうが良いかもです。一人100Bで、かなりお腹いっぱいに
なりますから~!
by phuketwebmaga | 2008-01-29 12:37 | グルメ | Comments(8)

プーケットでの生活も、もう22年目・・・。プーケットでの日常、趣味のスパ&エステ、グルメ(甘いもの大好き~)、プーケットのホテル宿泊体験、タイ人観察、テコンドーのことなどを、日々綴っています。


by phuketwebmaga
カレンダー